トップページ  会社案内  事業内容  リサイクル部門
事業内容

リサイクル部門

廃砂の再生処理ツチヨシ産業江津工場では、鋳物工場から発生する廃砂を再び鋳物砂として利用するために、再生処理を行っております。
鋳物砂をリサイクルする事により、貴重な資源の保護、また産業廃棄物の低減に貢献しています。
(産業廃棄物 中間処理資格番号 島根県 許可番号 3220075418)




再生砂のアスファルト混合物
従来は鋳物廃砂を再生処理し、鋳物砂として再利用されてきました。しかしそれだけでは鋳物工場から出る廃砂全てに対応することは困難でした。
そこで新たに再生砂をアスファルト混合物へ再利用することにしました。このことにより従来使用されていた天然砂(山砂)に代わり再生砂を使用し、天然資源の保護ならびに産業廃棄物の減少に役立ちます。
鋳物再生砂の溶出試験値
有害物質 単 位 溶出試験値 法定基準値 試験結果
水銀又はその化合物 mg/l 0.0005未満 0.005以下 法令に定められている方法で溶出試験を実施した結果、有害物質は認められませんでした。   
カドミウム又はその化合物 0.001未満 0.3以下
鉛又はその化合物 0.02未満 0.3以下
六価クロム又はその化合物 0.04未満 1.5以下
シアン化合物 0.01未満 1.0以下
砒素又はその化合物 0.03未満 0.3以下
※試験値欄の未満表示の数値は定量限界値を表す。


G-sand
「G-sand」とは?
鋳造用鋳物砂に含まれる微粒子を原料に、固化剤等を加え、逆流式混合ミキサーにより人工的に任意サイズに造粒(granulation)した土木用原料です。

  鋳造用鋳物砂の微粒子を原料に、造粒効率の優れる逆流式混合ミキサーにより、任意サイズの高分散と高密度造粒物を製造

【使用用途】
 ・まさ土の代替 ・クッション砂 ・埋め戻し砂

外観

溶出特性
「G-sand」の溶出特性(分析値の一例)
項 目 環告46号基準値 測定値 試験方法
カドミウム mg/l 0.01以下 0.001未満 JIS K 0102 55
mg/l 0.01以下 0.005未満 JIS K 0102 54
六価クロム化合物 mg/l 0.05以下 0.03 JIS K 0102 65
砒素及びその化合物 mg/l 0.01以下 0.005未満 JIS K 0102 61
総水銀 mg/l 0.0005以下 0.0005未満 環告59号付表1
セレン及びその化合物 mg/l 0.01以下 0.005未満 JIS K 0102 67
環境庁告示46号の土壌環境基準に適合しています
カタログをダウンロード